着物買取おこしき館

着物買取についての情報サイトです。買取のコツや相場についてまとめています。

基礎知識

着物をきれいに保管する方法

七五三や成人式で着物を着たことはあるけど、そのあとちょっとご無沙汰していたという方、また着物に興味が出てきて着たいと考えている方、着た後の着物の保管方法が分からなくて悩んでいませんか。最近では浴衣などを着る人も増えてきましたが、着物には小物もたくさんあり、その素材にも違いがあるためどう保存していいのか分からないままではないでしょうか。次に着物を出したときに困らないためにも、着物のきれいな保管方法について役立つ情報をまとめました。

1.着物をきれいに保管する際に気をつけたいチェックポイント

着物を保管する際、気をつけなくてはならないのは「湿気」「しわ」「虫喰い」です。特に着物を着た後は湿気がこもり、ほこりや汚れがついてしまうので虫に狙われてしまいます。湿気対策をきちんとすることが防虫にもなりますので、しまうときにはしっかり対策したいですね。また着物の素材にも注意が必要です。絹であれば虫喰いにあうことはほぼありません。また最近増えているポリエステル素材も虫は食べないので大丈夫です。ただウール素材の着物や小物は注意が必要です。また着物の襟や袖には汚れがつきやすいので、しまう際には染み抜きをしましょう。ファンデーションや皮脂の汚れなら、ベンジンで落とせます。でも着物になれていない初心者さんは、無理せずクリーニングをお願いしましょう。

2.保管するときに覚えておきたい着物のたたみ方

着た後の着物は、風通しの良い直射日光のあたらない場所で午前中から夕方まで陰干しをして湿気を飛ばします。これでちょっとしたしわを伸ばすこともできます。そして大切なのはきちんと畳むこと。これをいい加減にしてしまうと、次に着るときにとんでもないしわになっていたりするのです。汚れがつかないよう、明るい部屋でたとう紙を敷き、左手側に襟肩を右手側に裾がくるようにおくのが基本です。襟肩をきちんと折り、襟丈をのばして整えます。着物は洋服と違って、平たいのでたたみ方はさほど難しくありませんが、慣れないうちは教えてもらいながら自分の手で覚えていきましょう。刺繍などには薄紙をあてておくといいでしょう。

3.しまう前に気をつけたいポイント、しまった後にも気をつけたいこと

着物以外にも帯や長襦袢など小物も多い着物。しまうスペースも少ないし、まとめてしまっちゃおう…は駄目です。しわや湿気の原因になります。しまう際には1枚ずつたとう紙や防虫効果のあるうこんの風呂敷に包みます。ただこれだけでは十分ではないので、乾燥剤と防虫剤をたんすや衣装箱に一緒にいれます。着物専用の防虫剤などもありますので、それを使うといいでしょう。乾燥剤と防虫剤は一緒にいれても問題ありませんが、防虫剤は混ぜてはいけないものもあるので、注意してくださいね。また着物はしまったあとも湿気対策が必要です。半年か1年に1度、虫干しをします。晴れて湿気の少ない日を選びましょう。おすすめは1月から2月上旬頃です。風通しの良い場所で、日光があたらない場所で干します。虫干しが難しい場合は、たとう紙を開いて風をいれる、またたんすの引き出しを開けておくだけでもいいので、くれぐれもしまいっぱなしにしないようにしましょう。

4. 着物の保管に最適なのは桐タンス?衣装ケースでも大丈夫?

着物をしまうには桐のタンスが湿気を寄せにくいため最適であるとされてきました。ただ桐のタンスは高価であり、着物をしまうだけのために買うのも場所を取ります。そういった住宅事情もあるため、着物用の桐タンスをわざわざ買うことはありません。ただし保管には気をつけるようにしたいものです。しまう前に汚れをとり、湿気をはらうことはもちろんですが、なるべく平らの状態のまま入れられる引き出しや収納ボックスを使うようにしましょう。また桐よりも湿気がこもりやすくなるので、まめにふたを開ける、引き出しを開けるようにして湿気を飛ばし、虫干しもきちんとしましょう。そうすることでまた次に着るときにも気持ちよく着ることができますよ。

いかがだったでしょうか? 着物は手入れやたたみ方、保管の仕方が難しい!と構えがち。でも着る機会を増やして手入れをすることで愛着がわき、大切に手入れをしたくなります。ただ着物は水分が大敵! もし雨に濡れたりした場合は、ほんの少しであってもクリーニングに出してしっかりケアしてもらってくださいね。

-基礎知識