着物買取おこしき館

着物買取についての情報サイトです。買取のコツや相場についてまとめています。

着物買取の体験談

祖母の着物を買い取ってもらいました。少し前になりますが、私の祖母が亡くなり遺品を整理していた際に着物の買取専門店で着物を売りました。

祖母は着物が好きな人で、母が小さいときに学校へ行くときや結婚式など大切なイベントのときはもちろん、普段のお出かけのときも、いつも着物で出かける人でした。

私は小さい頃からおばあちゃん子だったのでよく祖母と話していたのですが、私が大きくなったら着物を着てほしい、もし着物がダメになって着れなかったり、着物を着る機会がないようであれば着物を大事にしてくれそうな人に譲って欲しいということを常々言っていました。

昨年の冬、その祖母が亡くなり、母とともに祖母の遺品を整理していたときたくさんの着物も整理しました。
私も祖母の影響で着物は好きで、昔祖母が言っていたように形見の着物を着たいのですが、普段仕事は制服なので、着物を着ていくわけにも行かず、かといって、祖母が大事にしていた着物を捨ててしまうのは忍びなく、祖母の言葉通り、着物を大事にしてくれそうな方に譲ろうと決めました。

私の周りには着物を着る人がいなかったので、着物を扱っているお店に買い取ってもらおうと思い、インターネットで調べたところ、洋服の買取をしているところだと買い取ってもらえないことも多いようだったので、着物の買取専門店にお願いして、買い取ってもらいました。
やはり、着物の買取を専門としていることもあり、そのお店で着物を買う人も着物が好きな方が多そうだ、というのが一番の理由でした。

実際に着ていない私でさえ、この着物はあのときに着ていた、この着物はおじいちゃんからもらったのよなど着物から祖母の思い出が蘇り、それと同時に、それを着ていた祖母はもっと一つ一つに思い出があるのだろうと思うと、より一層、着物が好きな人の手にとってもらえたら、という気持ちでいっぱいでした。

査定の結果を待っている間は、祖母と話したことや祖母の姿が目に浮かび、祖母の願いが届いたら、と考えていました。

できれば高く買い取ってもらえたら嬉しいですが、何より祖母の思い出の着物は役目を果たしていないし、きっと素敵だと思う人がいると思ったので、祖母と同じように大事にしようという人に届けられたらそれで十分だと母には話しました。

査定したお店の方には、古い生地もあるが、どれもきちんと手入れされていて、保存状態もいいので、着物がとても大切な方だったんですね、と言われ、自分のことではないのに、それだけで祖母がどれほど着物が好きだったのかが伝わり、とても嬉しく思いました。

祖母が欠かさず手入れをしていたことはもちろんですが、専門買取店だったこともあり、思っていたよりも高値で買い取ってもらえました。
大切にしてくれる人に譲れるのであれば、多少安くてもいいと母とは話していましたが、大切にしていたことがプロの目からみてもわかったのだと思うと、祖母も嬉しいと思いますし、それが形として現れたのかなと思うと、今回買い取ってもらえてよかったです。

買取してもらうお店を選ぶ際も、着物は古着などと違い、お店によって査定額も変わる上、着物を買い取ってもらえても、誰かのもとで着てもらえないかもしれないと思い、知識があるお店に依頼するのがいいとお店選びの段階で聞いていました。
今回、着物の買取専門店に買い取ってもらい、正しくその通りの結果になりました。

着物をほとんど売ってしまい、祖母の形見は少なくなってしまいましたが、祖母の願いが叶うと思うと、これでよかったんだと素直に思えました。
買うときは今も昔も、決して安い買い物ではないし、状態もよく、まだ着られるのに捨ててしまうのはもったいないので、こうして着物が好きな人の手に順に渡っていってほしいです。