着物買取おこしき館

着物買取についての情報サイトです。買取のコツや相場についてまとめています。

基礎知識

着物をリサイクルショップで売る場合のメリットとデメリット

思い出の着物を売るには?

着物は女性にとって、特別の意味があります。思い出のお祝いの席で着用したもの、観劇や茶席で着用したもの、それぞれに格別の思いが込められている場合が多いですよね。その一方で、着物は保存が面倒で、着用の機会も非常に限られているのも事実です。

1度着用したら、次に着用する予定がないということも珍しくありません。ですので、思い切って手放してみようと考えている方も少なくないでしょう。

でも、一度でも着た着物は、どこでどうやって売ればいいのでしょうか?
洋服の場合、真っ先に思いつくのはリサイクルショップでの売却です。

では着物はどうでしょうか? 着物をリサイクルショップで売る場合のメリットとデメリットにはどんなことがあるのでしょうか?

着物をリサイクルショップで売るメリット

着物をリサイクルショップで売るメリットで真っ先に思いつくのは、何といっても売りたいものを、気軽に持ち込めるところにあります。リサイクルショップは敷居が低いところがいいですね。洋服や靴をリサイクルショップに売るついでに、着物も一緒に持ち込めるという気軽さがあります。買い取りを断られたとしても、特に気にするようなことにはなりません。

また、リサイクルショップは、あちこちにありますので、近所のリサイクルショップに持ち込めば、 わざわざ場所を調べ、遠くまで足を運ぶ手間もないですよね。リサイクルショップの中には、出張してくれるお店もあるので、その点では便利です。

着物をリサイクルショップで売るデメリット

着物をリサイクルショップで売るデメリットとしては、まず、着物を買い取ってくれるリサイクルショップ自体が少ないことです。また、たとえ買い取ってくれたとしても、買い取り額は驚く程安くなってしまうのが現実です。一度も着ていなくても、着物は反物から鋏を入れ、仕立てた段階で中古扱いになります。持ち込んだ着物の重さで値段を決めたり、極端な場合、査定ゼロということもおこりえます。

リサイクルショップでは、着物を適正に査定できる人がいない場合が多く、中には、学生アルバイトの方が査定するというようなお店まで存在します。着物は 洋服に比べ、高額なものが多いので、売る側にしてみれば、 着物の専門の方に査定して欲しいのですが、残念ながらリサイクルショップでは、そのようなプロの査定は無理な場合が多いのが現状です。

リサイクルショップは、売れるものを買い取って商売をしているお店で、着物はリサイクルショップでは売れにくい商品として扱われています。そういう理由で、リサイクルショップでは、着物を買い取ってくれること自体が難しくなってきています。

着物を上手に売るには?

リサイクルショップで着物を売るメリットとデメリット、それぞれを天秤にかけて考えると、やはりリサイクルショップで着物を売るのは難しそうですね。
査定ゼロでも、引き取ってくれるだけでいいと割り切って持ち込んだとしても、実際は引き取ってくれないリサイクルショップも少なくないのです。

折角の思い出の着物を手放す訳ですから、少しでも高く買い取ってくれて、安心できるお店に持ち込みたいですよね。そういう点では、やはり、着物は着物買取専門店に持っていく方が、より確実に着物を売ることができるでしょう。着物の買取専門店なので、プロによる査定で買い取り額が決まるので安心です。ただし、持ち込む着物に汚れやシミがあったりすると、買い取りではなく引き取りになるケースもあります。

着物を少しでも高く買い取ってもらうためには、着物の証明書(証紙)があれば、着物と一緒に持ち込むことをおすすめします。着物の買取価格の相場は、着物によりさまざまなので、一概にはいえませんが、着物買取専門店では、無料で買取価格を査定してくれるところがありますので、おすすめです。

-基礎知識