着物買取おこしき館

着物買取についての情報サイトです。買取のコツや相場についてまとめています。

買取ノウハウ

着物が買い取ってもらえないのはこんな場合

もう誰も着ることのない古くなった着物、買取りをしてもらえるのなら買い取ってもらいたいですよね。

海外における昨今の日本ブームで着物文化が見直されてきて、着物の買取りやリサイクルも年々増えているそうです。
中には高額で買い取ってもらえる着物もありますが、残念ながら買い取ることができないと言われる場合もしばしば見受けられます。
果たして、着物を買取ってもらえないのは、いったいどんな場合なのでしょうか。
また、どうしたら古くなった着物を買取ってもらえる可能性が高くなるのでしょうか。

着物の買取りをしてもらえない場合、それはやはり古くなってしまった着物や汚れが目立つ着物です。
着物の買取業者も、買取り後は中古品で売ったり、リサイクルをしたりなど、何らかの方法でお金に換えるわけです。
ですが、リサイクルに使えそうにない、お金にならないと判断すれば、買取りの時点で断られてしまいます。

例えば、着物の保管状態が悪く、全体的に黄ばんでしまっているような場合は、中古の着物としてもリサイクル品としても処分が難しいため、買取ってもらえる可能性は低くなってくるでしょう。
汚れや虫食いが全体的に目立つ場合も黄ばみと同様で、買取りをしてもらえる可能性は低くなると言わざるを得ません。
もっとも、黄ばみや汚れが着物の裏地のみで着物の表面は美しいという場合には、買取りをしてもらえることもあるので、あきらめずに査定をしてもらうのが良いでしょう。

素材によっても、買取りが可能かどうかが変わってくることもあります。
着物の中でも絹100%、いわゆる正絹のものは高価とされ、買取り価格も高くなりがちです。
それに対して、絹以外で織られた着物は、例え表面がきれいなままであっても買取りの価格は安くなってきます。
買取業者の中には、買取りは絹の着物だけと謳っているところもあり、そういったところに絹以外の着物を持っていっても、買取りはほとんど期待できないでしょう。
絹以外の着物でも買取ってくれる業者であっても、絹製ではない古い着物だと、値をつけてもらえない場合も多々見受けられます。

また、リサイクルショップの中には、着物の買取り自体を行っていないショップもあるという点に注意が必要です。
そういったショップに持っていっても、無料で引き取ってくれることはあるかもしれませんが、買取りをしてもらえることは、ほぼないでしょう。
着物の買取りをしてもらうなら、着物の買取りを行っているショップに持ち込むのが大前提です。
最近は、インターネットを使って、着物のリサイクル業者のHPや口コミ情報をたくさん見つけることができるようになりました。
もし買取りを希望されるなら、業者のHPや利用者の口コミなどを参考に、買取りを行っている業者を探してみてはいかがでしょうか。

では、買取ってもらえない場合はどうしたら良いでしょうか。
まずひとつめの方法ですが、タダでも良ければ引き取ってもらうという方法もあります。
業者の中には、買取りができない着物でも引き取りはできるという業者も見られます。
もし急ぎで処分がしたいのであれば、無料でも仕方ないと割り切って引き取ってもらうのもひとつの手です。

ふたつめに、ネットオークションやフリーマーケットを活用するという方法があげられます。
これは、処分を急いでいない方に向いた方法です。
汚れや黄ばみがひどいと難しいかもしれませんが、ダメ元で出品してみる手はあります。

最後に、少しでも買取りをしてもらえる可能性を上げる方法についてですが、それはやはり保管の状態を良くすること、これに尽きます。
現在すでに傷んでしまっている着物はどうしようもありませんが、これから保管をする着物は、汚れや黄ばみがつかないように大切に保管しておきましょう。

-買取ノウハウ